レディースジョブ福岡

履歴書の書き方 

職務経歴書の書き方

ドリンクジョブ福岡

履歴書の書き方

■履歴書
応募書類には、履歴書・職務経歴書・自己PR書・論文などがあります。
履歴書はすべての企業で提出を求められる書類で、記入すべき内容はほぼ同じものとなります。
だからこそ基本的な事柄は間違いなくチェックしておく必要があります。
◆ 基本ルールの徹底 ◆
・ありきたりの表現は極力避ける。
・出来る限り多くの情報を記入する。
・趣味・特技はなるべく記入する。

■履歴書作成マニュアル
◆基本はデータで作成
最近ではデータ(Word,Excel,PDF形式等)で作成することが一般的となっていますが、 直接手書きで記入する場合には、万年筆か細字のサインペン、またはボールペンを使用しましょう。 コピーされることを想定し、黒のインクを使用しましょう。
◆提出年月日を明記する
会社に持参する日付、またはポストに投函する日付で。一般的に、西歴よりも元号を用いる。
◆氏名のふりがなも忘れずに
名前は他の欄よりも大きな文字で。だれでも読める氏名や住所であっても必ず 「ふりがな」を記載するようにしましょう。
◆印鑑
訂正印や証明印など今では使うことも少なくなったようですが、使用する際は三文判でも可能。 朱肉は赤。丁寧に押しましょう。
◆写真こそ履歴書の顔
写真は第一印象に大きな影響を与えます。ビジネスにふさわしい服装・スタイルで、 明るい表情の写真がより良い印象を与えます。3ヶ月以内に撮影したものをご用意下さい。
◆年齢は正確に
年齢制限を超えて応募する場合、中には意図的に書かない人もいるようですが、 いずれ判明することですので隠さず正確に記入しましょう。
◆住所はマンション・アパート名まで
マンション・アパート住まいの方は、建物名・部屋番号まで正確に記入しましょう。
◆連絡の取り易い場所を明記
一人住まいで平日昼間が留守がちな場合は、確実に連絡の取れる場所・時間などを明記しておきましょう。
◆義務教育は卒業年次のみ、高校以上は入学・卒業年次を併記
義務教育の小中学校については卒業年次だけ記入すれば問題ありません。 また高校までは国公立か私立かも明記し、高等学校・専門学校・短期大学・高等専門学校・大学などは、 入学年次と卒業年次を併記するとともに、学部・学科までを明記して履修内容を明確にすることが必要です。
◆職歴部分は入社・退社をもれなく明記
原則は、全ての入社・退社歴を書きます。記入例のように、配属部署まで記入し、職務内容を伝える方法もあります。
◆退職理由は「一身上の都合により」で可
会社倒産など退職理由を簡潔に表現できるなら、書き添えておくと良いでしょう。 それ以外は「一身上の都合により退社」が一般的です。
◆特筆できるものがあれば賞罰も
学校時代の賞罰は含みません。社会人となってから、公的な入賞経験などがあれば、ぜひとも伝えたい内容です。 特筆事項がない場合は「なし」で良いでしょう。
◆持っている資格はすべて記入
資格は仕事に直結していないものでも書き込むようにしましょう。 普段から自己啓発を怠らない姿勢をアピールすることができます。
◆趣味・特技にはなるべく記入
面接の時に話題にされることもよくあるので、特になくても書いておいた方がよいでしょう。 特技は、どのレベルから書けるのか一概には言えませんが、面接官に聞かれて困らないレベルなら 特技と言って良いかと思います。 趣味の音楽鑑賞・読書鑑賞など生活する上で当たり前の記入はなるべく避けましょう。
◆志望動機と関連づけた希望を
会社に持参する日付、またはポストに投函する日付で。一般的に、西歴よりも元号を用いる。
■人事担当者は履歴書のここを見る!
応募数が多くなるとそれだけ書類審査で落とされることも多くなります。 ポイントは、誠実さが伝わる工夫をすることです。字は上手、下手よりも丁寧さ。 誤字脱字はもちろん不可。また、修正液の使用も不可。間違えたら新しい用紙に書き直しましょう。 更に、志望動機と自己PRも出来る限り明確かつ、具体的に表記しましょう。

職務経歴書の書き方

■職務経歴書
応募書類は、相手先の企業に必ず提出する事になります。なぜなら、この書類選考で次の面接に行けるかどうかの応募者を絞り込むからです。
応募の際には、人と差をつけた履歴書・職務経歴書で自分をアピールして、面接にたどり着きましょう!
◆ 基本ルールのチェック ◆
・履歴書と同じ A4 サイズが一般的
・手書きよりもワープロの方が良い。
※ただし、署名だけは手書きで書く。
■職務経歴書作成のコツ
■大半は手直しが必要
完璧な職務経歴書を最初から作成される方もいるのですが、その割合はごく少数。実感として、 約7割の職務経歴書は、何らかの手直しが必要になっているのが現状です。 あなたの職務経歴書はこのままで大丈夫ですか?  実は、ちょっとしたコツを見逃しているために、大きなハンデを背負っているかもしれませんよ。
■様式を見直す
・過去から現代へさかのぼって年表形式が一般的。職務経験の浅い人は一般的なものを選んだ方が無難。 ・スキル別にまとめ、その後、現代から過去へさかのぼって年表形式でまとめる形。 技術職や外資系志望の人向き。
■見る側が何を知りたいか
職務経歴書は面接時を想定したシナリオとも言えます。相手がどういうことを知りたがっていて、 それに対して、自分がどう答えるべきなのかをよく整理して記入しましょう。 そのためには、自分を商品としてとらえ、セールスポイントをよく理解しておく必要があります。

↑ PAGE TOP